カメラ買取の一心堂
メニューボタン

カメラの買取サービスに込めた想い。

買取への想い

カメラの買取に対する想い

お客様の心が「ほっ」と温かくなるような買取を。

たくさんの買取店舗がありますが、どこに売っても同じでしょうか、価格が高ければそれで十分でしょうか。少し考えてみたいと思います。

業界の買取価格は飽和状態

リサイクル、買取サービス、セカンド品というような言葉が身近に感じられるようになってきたとともに、買取業界は同業者が飽和状態で価格競争により買取価格も横並びが現状です。

現在では高く買い取りができるのは大前提として、買取店舗はそれ以上に何ができるのかが求められている時代になってきています。

価格は同じでも、考え方は千差万別

「思い入れ」が深く注ぎ込まれるカメラを取り扱うからこそ、お客様の気持ちを汲み取れるサービスを心がけています。中にはパソコンやブランド品など、取い扱い品目が違うだけで中身はほとんど同じ"コピーサイト"を複製する営利最優先の企業と当店は異なります。

では何が違うか比べてみましょう。

例えばこのようなケース。
買取店舗Aは常連のお客様Bさんから届いた商品の査定を行いました。
いつもより低い査定金額にBさんは「貴店の見積はいつも信用していますが、今回はもう少し高くなりませんか?」と一度は尋ねたものの、「ちょっと厳しいですね」と価格は変わりませんでした。
あまり腑に落ちませんでしたが、送り返してもらうのも面倒なので、Bさんは今回はこのまま売ることにしましたが、最後に「貴店を利用するのはこれで最後にします」と告げ、以後はA店を利用することをやめてしまいました。

さて、このケースでは店側はどう考えるのが正しいでしょうか。

「もう少し高めにしておくべきだったかな」と悔やむかもしれません。
でも、それだけでBさんは今後も本当に気持ちよくA店を利用し続けられたでしょうか。

ここから一気に違いが明確に。

いつもは信用していただけているBさんが価格について問合せをされているということは、「何か間違いがあるのかもしれない。もう一度見なおしてみよう。もしこちらが間違っていたら誠心誠意謝罪し、正しい金額をお伝えしよう。間違っていなければなぜその金額なのか、ご納得いただけるまでご説明しよう。」と思って取り掛かってちょうど良いくらいでしょう。

確かに価格は大事です。それと同じくらい「その価格になった理由」も大事だと思います。たった一つの質問から何かあると気づける店舗(担当者)が世の中にどれほどいるでしょうか。

お客様は、お品を梱包して、買取申込書を書いて、身分証明書のコピーを用意して、お品にお別れを告げて、期待と不安とともに送っていただいているということを決して忘れてはならないと思います。

この気持ちを根底にきちんと持って対応していれば、Bさんは「もう最後にする」ではなく「より一層信用できるお店だと思いました」と言っていただけていたかもしれません。ほんの少しの気配り、僅かな機転が利くだけで結果は全然違うものになるのですが、実際、この微妙な違いが分かる店ってほとんどないのです。

店からすると商品を査定するのは一瞬かもしれませんが、お客様はそれまでにその数十倍の時間をかけていらっいます。
店は「あそこに売るんじゃなかった。モノだけじゃない、かけた時間も手間ももう取り返せない。」この言葉の重みを感じなくてはならないと思います。

お客様の期待は決して価格だけではなく、総合的に「この店にして良かった」と思えるかどうかだと思います。当店はこのことをきちんと念頭に置き、お客様と接することを心がけています。

屋号:『一心堂』(いっしんどう)とは

一心堂

漢数字の「一」

  • お客様の気持ちを汲み取れるサービスを信念に、一本筋の通ったカメラ屋を目指す
  • 一人一人のお客様を大切にする
  • 一点一点の商品を正当に評価する
  • 一店舗で良い…永久的に他店と比較する必要がないくらいベストなお店になる
  • 利用していただいたお客様にとって「ここが一番」のカメラ屋を目指す。

二文字目の「心」

心のこもったサービスを提供し続けること。
ロゴの一画が赤くなっているのは、買取を通じてお客様の心に灯をともせるような、気持ちが「ほっ」と温かくなるようなサービス・店舗であるという意味を込めております。

三文字目の「堂」

堂という字は、接客や礼式の用途で多くの人が集まる建物という意味から屋号に用いられることが多い言葉です。
多くのお客様に利用していただきたいという想いを込めております。
また、堂に入るという言葉もあるように、カメラの知識も高い水準で持ち合わせることを表しています。

当店の想いに共感していただけましたら、さらに経営理念もご覧ください。

なお、買い取りのご依頼をいただけます場合は、下のリンクからお願いいたします。

査定依頼はこちら


査定依頼